更新日時 2016/06/06

おニューのクルマ、新車を買う時に今まで所有していたクルマを買取りに出したユーザーも多いと思いますが、意外に高かった、ずいぶん安かったなど買取り価格に一喜一憂している方も多いと思います。 買取りや下取りしたクルマにマージンを乗せたのが小売り価格となります。 そのうち買取り価格の目安は約70〜80%です!!

しかし、年間の走行距離が1万キロを超える過走行や修復歴の有無、装備、人気などの要因で残価率が上下する。
当サイトでは車をカテゴリ別に分け、今の現行車の3年後の残価率を紹介します!

ステーションワゴン部門

ミニバンでは10位に甘んじたプリウスαだが、ここでは唯一残価率60%越えを達成し、64%で第1位に輝いた。2位には残価率57%でフィットシャトルHV入り、ここでもハイブリッドの強さが際立っている。 モデル末期となったレガシィは第5位に沈み、そこへアベンシスとアコードツアラーのミドルサイズワゴンが食い込んだ。ステーションワゴンはボディが大きい方が残価率が高い。

順位 車名 新車価格(万) 買取額(万) 残価率
1  トヨタプリウスα 1.8S 250 135-160 54-64%
2  ホンダシャトル 238 135-150 50-60%

コンパクトカー部門

コンパクトカー部門では、ハイブリッド車が上位にラインクイン。13年新車登録台数でNo.1に輝いたハイブリッドカーのアクアが残価率においても72%と言う圧倒的な高さでダントツの第1位。 そして第2位には先代のフィットハイブリッドが57%で続き、ハイブリッド車の人形の高さを改めて証明した形だ。

予想外だったのは、残価率53%で3位のbBと47%のソリオ。いっぽう、現行モデルながらマーチの32%というのはかなり厳しい。

順位 車名 新車価格(万) 買取額(万) 残価率
1  トヨタアクア1.5S 179 107-129 60-72%
2  ホンダフィットハイブリッド 159 64-90 40-57%
3  トヨタbB1.5ZエアロGパッケージ 178 75-95 42-53%
4  トヨタヴィッツ1.0F 119 45-60 37-50%
5  ホンダフィット1.3Gスマートセレクション 135 55-65 41-48%
6  スズキソリオ1.2X 151 61-71 40-47%
7  三菱デリカD:21.2S 165 62-75 37-45%
8  トヨタラクティス1.5G 169 61-77 36-45%
9  スズキスイフト1.2XG 124 40-55 32-44%
10  トヨタパッソ1.0X 109 25-45 23-41%
11  日産キューブ15X Mセレクション 153 46-62 30-40%
12  トヨタイスト150X 173 56-68 32-39%
13  マツダベリーサ15Cドレスアップパッケージ 160 50-60 31-37%
14  マツダデミオ13C 119 34-44 28-37%
14  スバルデックス1.3i 143 35-53 24-37%
16  トヨタiQ100X 140 30-50 21-36%
17  スバルトレジア1.3i-S 172 50-60 29-35%
18  トヨタポルテ130iCパッケージ 151 40-53 26-35%
19  スズキスプラッシュ1.2 128 23-44 18-34%
20  ダイハツブーン1.0CL 110 16-37 14-33%
21  日産マーチ12X 123 28-39 23-32%
22  ダイハツクー1.3CL 149 35-45 23-30%
23  三菱コルト1.3クールベリー 127 19-29 15-23%

ミニバン部門

ミニバンは各社から最新モデルが登場しているが、トヨタ車の人気は非常に高い。その人気を反映し、ミニバンの残価率ベスト10のうち、トヨタ車は8台もランクインしている。 トップに輝いたのはLサイズミニバンで圧倒的な人気を誇るヴェルファイア。しかもミニバン唯一の残価率70%越えを達成している。

兄弟車のアルファードも2位、ハイブリッド車も4位、5位と人気の高さがうかがえる。そのアルファード、ヴェルファイアに食い込んだのがハイエース。残価率60〜69%と平均して高いことから考えても根強い人気があることがわかる。

続いて、激戦区の5ナンバーサイズミニバンでは旧型ながらヴォクシーとステップワゴンが残価率60%でトップに並び、これを58%でノア、セレナが僅差で追っている。ここ数年は S-ハイブリッドを搭載したセレナが僅差で追っている。

ここ数年S-ハイブリッドを掲載したセレナが販売台数でリードしているが、残価率では必ずしも有利とは言えない。

とりあえず、1位から30位までをアップしました。

順位 車名 新車価格(万) 買取額(万) 残価率
1  トヨタヴェルファイア2.4Z 7人乗り 348 180-249 51-71%
2  トヨタアルファード240S 7人乗り 339 170-240 50-70
3  トヨタハイエースワゴン2.7GL 266 160-184 60-69%
4  トヨタアルファードハイブリッド2.4S RCパッケージ4WD 565 320-372 56-66%
5  トヨタヴェルファイアハイブリッド2.4Z RGエディション4WD 565 320-370 56-65%
6  トヨタエスティマ2.4アエラスGエディション 298 140-190 47-64%
7  ホンダフリードハイブリッド1.5ジャストセレクション 6人乗り 229 127-145 55-63%
8  トヨタプリウスα1.8G 7人乗り 300 160-190 53-63%
9  ホンダフリード1.5Gジャストセレクション 6人乗り 185 105-116 56-62%
10  トヨタウィッシュ1.8S 209 100-130 47-62%
11  トヨタヴォクシー2.0ZS煌 8人乗り 257 125-155 48-60%
11  ホンダステップワゴン2.0スパーダZ 261 126-158 48-60%
13  三菱デリカD:52.4Gパワーパッケージ4WD 7人乗り 305 140-180 46-59%
14  ホンダオデッセイ2.4アブソルート 292 126-170 43-58%
15  トヨタノア2.0Si 8人乗り 249 106-145 42-58%
15  日産セレナ2.0ハイウェイスター 249 107-145 42-58%
17  日産NV200バネット16X-3R 191 87-107 45-56%
18  日産NV200バネット16X-3R 191 87-107 45-56%
19  日産エルグランド250ハイウェイスター 338 147-184 43-54%
20  マツダビアンテ2.0アイストップスマートエディションU 226 90-123 39-54%
21  スバルエクシーガ2.0i-S 212 86-108 40-51%
22  ホンダストリーム1.8X HDDナビパッケージ 203 81-103 40-50%
23  トヨタシエンタ1.5ダイス 167 60-85 36-50%
24  マツダプレマシー20S 209 91-103 43-49%
25  トヨタマークXジオ2.4エアリアル 7人乗り 226 80-137 28-49%
26  日産ラフェスタハイウェイスター2.0G 226 81-108 35-47%
27  トヨタアイシス18L Gセレクション 199 65-90 32-45%
28  ヴォクシー ZS 301 152-190 47-60%
29  マツダMPV23S 270 90-120 33-44%
30  トヨタパッソセッテ1.5G Cパッケージ 159 55-65 34-41%
31  ホンダエリシオン2.4Gエアロ HDDナビスペシャルパッケージ 330 100-130 30-39%

ハッチバック部門

このカテゴリは各メーカーの個性的な車種が入り乱れて注目度抜群です。

アクアと比較すると残価率は64%と若干低めながら、プリウスが堂々の1位。 そして、第2位には残価率63%でフリードスパイクのガソリン車。そしてハイブリッド車も残価率60%で第4位と見事アベック入賞。 第3位には人気装備のアイサイトを装着したインプレッサスポーツが残価率60%で3位に輝いた。注目は第5位のカローラルミオン。

北米に比べると国内の人気は今ひとつながら残価率は58%と非常に高くなっている。下位はラウム、ブレイド、ティーダと絶版車が 並び最下位は残価率28%でリーフとなった。

順位 車名 新車価格(万) 買取額(万) 残価率
1  トヨタプリウス1.8S 232 117-149 50-64%
2  ホンダフリードスパイク1.5Gジャストセレクション 185 102-118 55-63%
3  スバルインプレッサスポーツ2.0iアイサイト4WD 219 121-131 55-60%
4  ホンダフリードスパイクハイブリッド1.5ジャストセレクション 229 119-139 52-60%
5  トヨタカローラルミオン1.5G 177 86-103 48-58%
6  レクサスCT200hバージョンC 375 160-200 43-53%
7  マツダアテンザスポーツ2.5S 245 80-120 33-49%
8  トヨタオーリス150X Mパッケージ 173 63-79 36-46%
8  三菱ギャランフォルティススポーツバック2.0ラリーアート4WD 302 110-140 36-46%
10  ホンダインサイト1.5エクスクルーシブXLインターナビセレクト 256 85-117 33-46%
11  ホンダインサイト1.3G 189 68-85 36-45%
12  スバルインプレッサ1.5i-Sリミテッド 164 50-75 30-45%
13  マツダアクセラスポーツ20S 214 74-91 35-43%
14  スズキSX4 1.5XG 165 48-70 29-42%
15  日産ノート15X SV 129 31-48 24-37%
16  トヨタラウム1.5Gパッケージ 172 37-60 21-35%
17  トヨタブレイド2.4G 269 78-89 29-33%
18  日産ティーダ15M 167 41-54 24-32%
19  日産リーフG 406 90-116 22-28%

スポーツカー部門

今年のスーパーGT選手権を象徴するかのようにレクサスIS Fと日産GTRが残価率62%でトップに並ぶ。特にレクサスIS Fと日産GT-Rが残価率62%に並んだ。特にGT-Rの2月の平均価格は630万円付近だったが、3月に入ると値上がりし、 現在も690万円付近で足踏み。なんとわずか3か月で約60万円の値上がり。流通台数の減少とともに中古車の平均走行距離も減っている。これは走行距離の延びた価格の安いクルマがドンドン売れている証拠ではないだろうか。 第3位の限定車のシビックタイプRユーロは57%でホンダユーザーに人気が支えられていることの証明。

順位 車名 新車価格(万) 買取額(万) 残価率
1  レクサスIS F 795 450-490 56-62%
2  日産GT-Rプレミアムエディション 4WD 961.8 500-600 52-62%
3  ホンダシビックタイプRユーロ 300 145-172 48-57%
4  スバルWRX ST14ドア2.5Aライン 4WD 315 145-180 46-57%
5  レクサスIS350C 620 320-350 51-55%
6  スズキスイフトスポーツ 168 80-95 47-56%
7  マツダロードスター2.0RS RHT 286 135-155 47-54%
8  三菱ランサーエボリューションX 403 187-211 46-52%
9  日産フェアレディZ3.7バージョンST 448 184-229 41-51%
10  スバルWRX STI 368 150-180 40-48%
11  日産フェアレディZロードスター3.7バージョンT 483 186-230 38-47%
12  マツダRX-8タイプRS 318 131-147 41-46%
13  ホンダCR-Z1.5α 249 81-111 32-44%
14  日産スカイラインクーペ370GTタイプSP 501 160-220 31-43%

TOPに戻る

足回り(ショックアクソーバー)

マルチリンクサスペンションの交換費用

Copyright (C) 2016  買取額が高い!値が下がらないクルマランキング   All Rights Reserved.